成分に書いてある界面活性剤の見分け方

界面活性力の強い、合成界面活性剤は戦時中にドイツで開発されました。合成界面活性剤は、硬水に溶けやすく、アメリカで台所用洗剤やシャンプーとして瞬く間に広まりました。

このような合成界面活性剤に着目し、活用しはじめたのが化粧品業界です。

油と水を混ぜたクリームや乳液をつくり始めました。

戦後、日本は石けんしか、界面活性剤はなかった時代ですから、合成界面活性剤が入ってくると、化粧品は一氣に様変わりしました。

油と水を綺麗に混ぜ合わせ、やわらく使い心地のよい乳液やクリームが作られるようになってしまいました!!

界面活性剤が肌のバリアを壊します。界面活性力の強い合成界面活性剤ならなおさらです。

肌バリアが機能しないと、乾燥肌になり、身体は外的要因(環境毒)から苦しめられます。これに1950年代以降、食品添加物や化学肥料でできた生命力のない野菜などが普及し、身体は内的要因(食用毒)からも苦しめられる事になります。

肌だけのデーターは無いのですが、食の影響もあり1960年代からアトピー患者が増えているのは、こういった事が原因でないかとも最近では判明してきています。

☆界面活性剤の見分け方

名前の最後に

「~石けん」「~塩」「~硫酸ナトリウム」「~クロリド」「~アンモニウム」「~ベタイン」「~グリセリル」「~水添ひまし油」

とついたのは、界面活性剤です!!

特に、赤字は注意!!

例)高級脂肪酸石けん、N-アシルアミノ酸塩、アルキル硫酸エステル塩、ラウリル硫酸ナトリウム、ラウレス硫酸ナトリウム、ベンザルコニウムクロリド、塩化アルキルトリメチルアンモニウム、コカミドプロピルベタイン、アルキルジメチルアミノ酢酸ベタイン、ステアリン酸グリセル、PEG-60水添ひまし油。

VIBLANAGE crystal soap(ビブラネージュ クリスタルソープ)(配送料185円)

*日本ブログ村に参加してます!
にほんブログ村 美容ブログ アトピー肌へ にほんブログ村 健康ブログ 健康美へ にほんブログ村 美容ブログ 敏感肌へ