合成界面活性剤を求めたのは消費者!!

界面活性剤が皮膚のバリア機能を壊します。(皮脂膜を破壊します)

この界面活性剤の中でも、我々の肌バリアを強烈に壊すものがあります。

それが、合成界面活性剤です。

昔は、天然の弱い界面活性剤(カゼイン、サポニン、レシチン)を使用していました。そして、次第に石けんぐらいの弱い界面活性剤を使用するようになりました。

近代化に伴い、安定供給とコスト削減、効率化と呼ばれる思想が我々に根付いた結果現れたのが、化学(合成)調味料・食品添加物、化学(合成)肥料です。その考えは化粧品までおよび、界面活性剤においても、合成界面活性剤が現れてきました。

化学調味料、食品添加物、化学肥料が、我々に利便性や低価格はもたらしましたが、健康はどうでしょうか?

合成界面活性剤も、実は我々の肌を苦しめています。

低価格を実現する為に今までより添加量を減らしたいという目的を達成する上でより強力な界面活性剤として、合成界面活性剤が登場しました。

合成界面活性剤は、水と油を混ぜる界面活性力がとても強力なのです。

戦後、アメリカより入ってきた合成界面活性剤。1950年ごろ化粧品に導入され始めます。このころから、肌がかぶれたり、シミができる人が続出し、その原因は合成界面活性剤によるものであうという研究発表がなされるようになりました。

続く、、、

敏感肌の人にお勧めの石鹸、興味ある方は画像をクリック!!

VIBLANAGE crystal soap(ビブラネージュ クリスタルソープ)(配送料185円)

*日本ブログ村に参加してます!
にほんブログ村 美容ブログ アトピー肌へ にほんブログ村 健康ブログ 健康美へ にほんブログ村 美容ブログ 敏感肌へ